2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 
 
 
 
 
 
 







 


CDマスター入稿規定


・収録データ、マスタリングデータにつきましては、ご入稿の前にお客様のもとで別途保管をお願いします。

・海外工場でマスターの不具合が確認された場合は、再度マスターをご支給いただく必要がございます。
 その場合は納期が遅延いたしますので、予めご了承下さい。

・プレスは、ご支給いただくマスターの内容が忠実に複製されます。
 万が一、マスタリングや使用メディアの品質上の問題や不具合があった場合、製品も同じ状態で製造されます。

・ご入稿マスターに起因する不備・不具合につきましては、当社で一切の責任を負いかねます。
 予めご了承ください。




CDの規格と容量


   


マスタリング時の注意


・各曲冒頭部分には、音切れ防止のために、必ず5フレーム程度(約0.2秒)の空白部分を入れてください。
 ミックスCD(各曲が連続して再生される状態で編集されたCD)に関しては、この限りではありません。
 この場合、トラックID(曲が切り替わるポイント)に 0.02秒〜0.1秒程の誤差が生じることをご了承ください。

・編集後、ライティングソフトからタイムシート(CUEシート)をプリントアウトし、ご入稿時に同封してください。
 タイムシートが出力できない場合は、当社で無料にて出力することも可能です。



対応可能マスター


・CD-DA形式、CD-ROM形式、CD-EXTRA形式のご入稿が可能です。

・万が一のマスター不具合に備え、必ずサブマスターをご入稿ください。
 またサブマスターは、マスターとは別メーカーのCD-Rメディアを使用されることをおすすめいたします。

・ライティングソフトの書き込み設定を必ず「ディスクアットワンス」にして下さい。
 ディスクアットワンスで書き込みされていないもの、ファイナライズされていないものはマスターとして使用できません。

・CD-Rレコーダーやハードディスクレコーダーなど、パソコンに接続せずにCD-Rへ書き込みが可能な機器で制作されたマスターは、民生機等で問題なく再生可能であっても、スタンパー制作の際にエラーが出る可能性が高くなります。


CD-DA(音楽CD)

・必ずCD-DA形式で書き込んで下さい。
WAVやMP3、AIFFなどのオーディオデータをそのまま書き込まれた場合、CD-ROM(データCD)形式となります。
書き込み後、必ず音楽CDの形式で書き込まれているかのご確認をお願い致します。

・マスターの音源内容については、当社でチェックいたしません。ご入稿いただく前に、お客様ご自身で充分に検証・再生確認をお願いいたします。
(マスター音源内容のチェックをご希望の場合は「マスターチェック」のオプションをご利用下さい。)

・音楽データとは別に、ディスクタイトル、曲名など文字情報が付加された「CD-TEXT」でのご入稿の場合、CD-TEXT対応機種でご確認頂き、ご注文時に必ずスタッフへお知らせください。
 申し出が無かった場合、テキスト情報が入っていない通常のCD-DAの状態(再生には問題はありません)でプレスされることがありますので、予めご了承ください。

・日本語のCD-TEXTはスタンパー作成時のソフト互換性の問題から、稀に文字化けなど不具合が起こる可能性がございます。日本語テキストに関する不具合につきましては、責任を負いかねますので予めご了承下さい。

・CD-TEXTは正しい規格で書かれていない場合などに、スタンパー作成時にエラーが出ることがあります。プレス工程でエラーが出た場合は、テキスト情報を消去してプレスすることがございます。予めご了承ください。


CD-ROM(データCD)

マスターは複数のパソコン等で正常に再生・読み取りができるかどうかのご確認をお願い致します。パソコンの機種やOS環境により、読み取れない場合がありますので、お客様の方でご確認をお願いいたします。


CD-EXTRA

・CD-DA形式のデータと映像や画像などのROMデータが1枚のCD-Rに書き込まれた状態で作成してください。

・CDプレーヤーにてCD-DA形式のデータが、パソコンでROMデータが正常に再生・読み取りが出来るかどうかの2点を必ずご確認ください。




※DDP形式での出力は専用のマスタリングソフト、専門知識が必要となりますので、
 レコーディングスタジオ・マスタリングスタジオでの作成をお勧めいたします。

※DDPマスターでご入稿いただく場合、当社では内容を一切確認することが出来ませんので、事前にご確認の上、ご入稿をお願いいたします。

※ご入稿マスターに起因する不備・不具合につきましては、当社で一切の責任を負いかねます。予めご了承ください。

※DDPマスターはメディア(DVD-R)に書き込んでのご入稿、またはオンラインのデータ入稿がご利用頂けます。

メディア(DVD-R)入稿

・圧縮せずにそのままDVD-Rに書き込んで下さい。

・CPRM対応のDVD-Rメディアは使用出来ません。スタンパー製造不可となりますのでご注意下さい。

・DDPファイル以外の不要なファイルは書き込まないで下さい。


オンライン入稿

・DDPファイルが入っているフォルダ名を品番にし、ZIP形式に圧縮して下さい。

・弊社オンラインデータ入稿ページをご利用下さい。

・マスターのオンライン入稿はDDP形式のみの対応です。
 WAVファイルやMP3などの音源データはDDP形式ではございませんのでご注意下さい。