2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 
 
 
 
 
 
 







 
マスター入稿規定
マスター入稿形態 CD-R
DVD-R(DDPファイル)/※CD-DA(音楽CD)の場合のみ
推奨メディア 太陽誘電「That's CD-R for Master」をはじめとるする国産メディア等
高品質なものをご使用されることをお勧め致します。
ライティングソフト
および
CD-Rドライブ
パソコンのライティングソフトをご使用頂き、書き込みはパソコンに内蔵(またはUSBなどで外付け)されているCD-Rドライブで行ってください。

CD-Rレコーダーやハードディスクレコーダーなど、パソコンに接続せずにCD-Rへ書き込みが可能な機器で制作されたマスターは、民生機等で問題なく再生可能であっても、スタンパー制作の際にエラーが出る可能性が高くなります
書き込み形式 「ディスク・アット・ワンス」形式で書き込みを行ってください。

「トラック・アット・ワンス」など他の形式で書き込みされたマスターは、プレス用マスターとして使用することが出来ません(DATやMD同様、変換作業が必要になります)。
収録時間 収録時間は、74分以内になるように制作してください。CDには79分までの収録が可能ですが、CDの規格では74分です。
74分を超える場合は、再生不良などが起こる可能性が高く、製品保証対象外となりますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。
サブマスター 万が一のマスター不具合に備え、必ずサブマスターをご入稿ください。
またサブマスターは、マスターとは別メーカーのCD-Rメディアを使用されることをおすすめいたします。
動作確認・検証 CD-DA
(音楽CD)
書き込みが完了したCD-Rマスターは、正常に再生・読み取りができるかどうか、必ず複数のCDプレーヤーにてご確認をお願いいたします。

万が一、CDプレーヤーで再生できない場合、CD-DA(音楽CD)の形式で書き込まれていない可能性がありますので、ご確認をお願い致します。

DDPファイルでご入稿いただく場合、当社では収録内容を一切確認することが出来ませんので、事前にご確認の上、ご入稿をお願いいたします。
〈CD-TEXTについて〉
音楽データとは別に、ディスクタイトル、曲名など文字情報が付加された「CD-TEXT」形式でのご入稿の場合、CD-TEXT対応機種でご確認頂き、ご注文時に必ずスタッフへお知らせください

申し出が無かった場合、テキスト情報が入っていない通常のCD-DAの状態(再生には問題はありません)でプレスされることがありますので、予めご了承ください。

また稀にCD-TEXTの規格通りに書き込まれていない場合がありますので、その場合はお客様に確認させていただき、そのまま進行するか、TEXT情報を削除して進行するかのご判断をしていただくことがあります。
CD-ROM 複数のパソコン等で正常に再生・読み取りができるかどうかのご確認をお願い致します。パソコンの機種やOS環境により、読み取れない場合がありますので、お客様の方でご確認をお願いいたします。
CD-EXTRA 「CD-EXTRA」のマスターは、CD-DA形式のデータと映像や画像などのROMデータが1枚のCD-Rに書き込まれた状態で作成してください。CDプレーヤーにてCD-DA形式のデータが、パソコンでROMデータが正常に再生・読み取りが出来るかどうかの2点を必ずご確認ください。
編集・書込みの
注意事項
各曲冒頭部分には、音切れ防止のために、必ず5フレーム程度(約0.2秒)の空白部分を入れてください。ミックスCD(各曲が連続して再生される状態で編集されたCD)に関しては、この限りではありません。
この場合、トラックID(曲が切り替わるポイント)に 0.02秒〜0.1秒程の誤差が生じることをご了承ください。
編集後、ライティングソフトからタイムシート(CUEシート)をプリントアウトし、ご入稿時に同封してください。タイムシートが出力できない場合は、当社で無料にて出力することも可能です。
書き込み速度は、ご使用のCD-Rドライブで推奨されている適正速度にておこなってください。